スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Category : -
  • by スポンサードリンク
  • - | -
  • Clip to Evernote

プロジェクト管理
我が社(我が部署?)の不思議の一つとして
プロジェクト管理の情報が共有化されておらず、誰が把握してるのかもわからない
という現象があるのですが・・・

少人数のうちに解決するならやりやすいんですけども
さすがに大所帯なので、導入方法等々を考えねばならず・・・

ひとまず、Backlogというサービスをベースに考えていこうかなぁと思っております。
ところが大所帯のため、フリー版ではユーザ数が間に合わず・・・

というわけで、稟議通すために導入のメリットやら意義やら導入方法やら
やはりドキュメントに落とすことになってしまいました、う〜む

ま、うまく使えば、今まで度々問題に挙っていた事の何点かはすぐに解決できそうなので
地道にはじめていくとしましょう

実はこれの絡みでXML-RPC関係に手を出し
しばらく本題から逸れて遊んでいたという数日間だったわけで・・・
ぼちぼち本題にとりかからねば

さっそくちょこちょこやってみた
先日の続き
XML-RPCだのAPPだの

ひとまず人に作ってもらうにしろ、どんなもんかやってみよう
というわけで、ちょこちょこ作業をしてみた

Javascriptでもよかったんだけど
とりあえずインターフェースをFLASHで
クロスドメインの問題がめんどくさそうだったので
外部APIとのブリッジをPHPのプログラムで作ることにして
ひとまず大層なこともできないのでFLASH-PHP間で
XMLデータのやりとりなどしてみるところから始めてみた

ここ数年、実際の制作なんぞをやっていなかったので
本格的にFLASHを扱うのは4,5年ぶりなんて状態(苦笑

とりあえずXMLの扱いはわかったぞ・・・と思いかけた矢先
読み込んだノードの値がどうしてもXMLエレメントとしてしか認識してくれず
nodeValueで取り出せないなんていう初歩の初歩(だろうと思うのだけど)で
つまづいてしまう・・・ああ、ブランクって悲しいね

そんなわけで、明日はnodeValueまわりの調査です

うむ・・・今日はそんなとこ楽勝クリアで
PHPでAPIにアクセスするとこをやるつもりだったんだが・・・

これでいいのか?
何気なくiPodの話をしていてふと思ったのだけど・・・

iPod touchの実機をこの前見た時に
思わず「フツーに使えるじゃん!」って言ったのだけど
その一言を思い出して背筋がゾッとしたのです

PCよりも携帯端末からのアクセスが多数を占める日本のインターネット利用動向
W-ZERO3あたりから始まったスマートフォン攻勢
で、今回のiPod touch

インターネットの世界が徐々に手のひらに移行してるんですよね
いや、もちろんPCが消えるとかって話ではなくて
範囲が広がってるってことなんだけど
これってすごい恐い事

今まで作ってきたサイトって概念が壊れるまではないまでも
時々に応じて変えていかなきゃいけないってことでしょう

となると・・・と、想像していくと
この業界で技術者として生き残るってどうすんのさ!?
とか思ってしまったわけで

ま、深読みとはわかっているんだけど、そんな恐怖を感じたのです

そんなわけで、色々な意味で「これでいいのか?」と思った次第
ま、それだけチャンスもあるってことだろうけどねぇ

今やりたいこと
いろいろあるのだけど

XML-RPCでもAPPでもいいので
俗にUIと言われる部分と、システムと言われる部分が切り離せて
かつ簡単な手続きで使える仕組みを作ってほしい

ほしいって、人任せ(笑

物を作るのは他の人の方が早いんで
逆に物を考えること、形にするまでレール敷くことなんかは得意なんで
お互い得意分野はトレードって割り切ってほしいのだけど

というわがままです

WEBと呼ばれるモノ
ここ10数年でWEB製作会社なるものがずいぶんと立ち上がってきましたが
いまいちこの「WEB」というものがわからない(その仕事をしておきながら…ではありますが)

だいたいこの人たちに「WEB」を語らせると、WEBサイトであったり
WEBシステムであったり、ずいぶん限定的な話をされる事が多々あります



自分なりには「PC(または通信端末)を操作端末として情報を共有するインフラ」と理解しております。
では自ら呼称している「WEB屋」って何よって言われると
「インフラを利用した適切なサービスを作る人」と説明しております。

なので、プロデューサーやらプランナーやらディレクターやらプログラマーやらデザイナーやらと
やたら人を職域で分別するこの業界はどうなのかなぁと思う今日この頃です
「インフラを利用した適切なサービスを作り上げる」という目的に向かって
各々が得意とする能力を生かして力を合わせて作り上げなさいな、と思うのです

ま、こんなことを言うと往々にして皆好き放題やっていいのかっていう議論を始めますが
目的達成とモラルを忘れずに行動すれば、好き勝手もできなかろうと思うのですが…

こと人的コストの管理という側面から見ると、この限りではないのですが
その事情から生まれた職域にこだわるのも滑稽な話です
(自らの能力を誇りとして職域を呼称してらっしゃる方を否定するような事はいたしませんが)

<<new | 2 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
SPONSORED LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.